おせちに入っている黒豆の食べ比べ

匠本舗の京都の料亭舞扇の『宝凰』の黒豆は一の重に入っていました。博多久松の『博多』の黒豆はの二の重のおせちに入っていました。それぞれの、おせちとも一区切り全部に黒豆が入っていたので、たっぷりと食べることができます。

やはり、おせち料理には「黒豆」は欠かせませんね。

我が家も幼稚園年長児の男子が黒豆大好きで、ほとんど1人で食べてしまいそうな勢いだったので、正直焦りました。

では、それぞれのおせちの「黒豆」を写真を参考にしながら食べ比べてみましょう。


匠本舗の京都の料亭舞扇の『宝凰』の黒豆

匠本舗の京都の料亭舞扇の『宝凰』の黒豆は、以下の写真のように盛りつけしてありましたよ。

匠本舗のおせち 黒豆


写真で見てもらっても分かるように、黒豆の上には金粉がふりかけてあります

金粉がふりかけてあると、新年を迎えるにあたり、お祝いの雰囲気がでていいですよね。

雰囲気だけでなく、金粉を少量食べることは身体にも良いようなので、心も身体も喜ぶ黒豆になります。

もちろんお味の方も、甘過ぎもせず、おいしく食べることができましたよ!!


博多久松の『博多』の黒豆

博多久松の『博多』の黒豆は、以下の様な感じで感じで盛りつけられていましたよ。

博多久松のおせち 黒豆


久松もおせちは匠本舗のおせちに比べると、料金的にお手頃価格なので、残念ながら黒豆の上に金粉がふりかけてはありませんでした。

しかし、金粉は無臭無味なので、食べる分には全く関係ありません。

我が家のような食いしん坊がいる家庭では、質より量を重んじたいので、金粉のない黒豆ででも、全然平気です。

逆に、幼稚園児は、金粉は食べつけていないので、わざわざ外して食べていたので、そうだったら、はじめから無いほうがいいなぁとも思ったり・・・。

味付けも、程よい甘さで、箸休めにもなり、とても美味しく食べることができたので、大満足です。


Topics

【概要】
おせちに入っている黒豆の食べ比べ 匠本舗の京都の料亭舞扇の『宝凰』の黒豆は一の重に入っていました。博多久松の『博多』の黒豆はの二の重のおせちに入っていました。それぞれの、おせちとも一区切り全部に黒豆が入っていたので、たっぷりと食べることがで…

【NewTopics】
おせちに入っている『数の子』の食べ比べ 匠本舗のおせち『宝凰』の数の子は四の重に入っていたのに対し、・・・数の子の食べ比べ

Copyright (C) 2014 博多久松のおせちvs京都おせち【匠本舗の料亭 舞扇】を食べ比べ・・・. All Rights Reserved. [ admin ]