おせちに入っている『栗きんとん』の食べ比べ

匠本舗のおせち、『宝凰』には、栗きんとんは一の重に入っていました。博多久松の『博多』にも、栗きんとんは一の重のおせちに盛りつけてありましたよ。

やはり、栗きんとんはおせちの代表的な食材だけあって、両社とも「一の重」に栗きんとんを配置してきましたね(笑)。

さらにどちらのおせちとも、一区切り全部に「栗きんとん」が入っていたので、たっぷりと食べることができます。

栗きんとんって子ども達だけでなく、女性の大人も男性も好きなので、たくさん入っていると嬉しいですよね。

では、早速、それぞれのおせちの「栗きんとん」を写真を見ながら比べていきましょう。


匠本舗の京都の料亭舞扇の『宝凰』の栗きんとん

匠本舗の京都の料亭舞扇の『宝凰』の栗きんとんは、ロブスターの横に配置してありました。

匠本舗のおせち 栗きんとん


写真でも分かるように、渋皮のついた栗が2つのせてあります

栗の渋皮をキレイに残すのは大変だと思うのですが、サスガは料亭のおせちだけあって、キレイな栗がのせてありました。

味の方は、これもやっぱり他の食材とおんなじで、舌触りもよく、適度な甘さで、癖がなくおいしく食べることができました。

家で作ると、どうしても、さつまいもの塊があったり、パサパサしていたりして、時間がかかる割には上手にはできないので、これを食べた時にも、匠本舗でおせちを注文してよかったなぁと思いましたよ。


博多久松の『博多』の栗きんとん

博多久松の『博多』の栗きんとんは、渋皮をむいてある栗が5つお芋の上にのせてありました。

博多久松のおせち 栗きんとん


栗っていつも人気なので、子ども達にすぐに食べられてしまうのですが、今回は子どもの人数以上に栗があったので、私も食べることができました。

冷凍で送られてきた時には、なんだか、あまり美味しそうな感じを受けなかったのですが、解凍できると、適度にしっとりとしておいしく食べることができました。

博多久松のおせちは他の一般的なおせちに比べると、お重が大きいので、一区画の容量も多いので、この栗きんとんも子どもに遠慮せずにたっぷり食べることができたのが、私にとっては何よりもうれしかったです。

やはりおせち料理には、栗きんとんは欠かせないので、大満足です。


Topics

【概要】
おせちに入っている『栗きんとん』の食べ比べ 匠本舗のおせち、『宝凰』には、栗きんとんは一の重に入っていました。博多久松の『博多』にも、栗きんとんは一の重のおせちに盛りつけてありましたよ。 やはり、栗きんとんはおせちの代表的な食材だけあって、…

【NewTopics】
おせちに入っている『数の子』の食べ比べ 匠本舗のおせち『宝凰』の数の子は四の重に入っていたのに対し、・・・数の子の食べ比べ

Copyright (C) 2014 博多久松のおせちvs京都おせち【匠本舗の料亭 舞扇】を食べ比べ・・・. All Rights Reserved. [ admin ]